Akai探偵事務所の浮気調査料金・口コミ・評判を検証!【2021年最新】

Akai探偵事務所について

Akai探偵事務所の本社は大阪・大東市にあります。代表者は執筆などのメディア活動実績も豊富なようです。

会社概要

Akai探偵事務所の会社概要は以下になります。

名称 Akai探偵事務所(株式会社赤井事務所)
住所 東京都小金井市東町5-28-24
代表者名 継野 勇一
探偵業届出証明書番号 30110008号

本社、支店などについて

Akai探偵事務所の本社は大阪になりますが、東京には小金井市(最寄り駅は西武多摩川線「新小金井駅」もしくはJR「東小金井駅」)と新宿に支部があります。

その他、東京近県にはありませんが、札幌・仙台・新潟・金沢・名古屋・和歌山・広島・香川・福岡・沖縄と全国12都市に支部があります。

浮気調査料金・費用分析

1時間(1名)料金4,400円~

Akai探偵事務所の浮気調査の料金プランは以下の3種類があります。

時間単価プラン

1時間1名料金はプランAが「4,400円~」、プランBが「4,800円~」と難易度によってプランが変わるとのこと。

現場に出る調査員人数などは不明となっていますが、何人使用するかで料金は変わってくるでしょう。

時間単価プランの料金事例

1時間4,400円~×調査員3名×30時間=396,000円~

成功報酬プラン

費用は500,000円~、「浮気の証拠が取れなければ0円」とのことで、完全成功報酬制のため浮気の証拠が取れなかった場合は経費も含め完全に0円となります。

最低ラインが50万円なので最終的にどのくらいの金額になるかはプランの中身や期間によってかわってくると思われます。

お試し3,000円プラン

Akai探偵事務所の実力をわかってもらうためのお試しで「撮影のみ」のプランとなり、費用は3,000円です。通常の浮気調査のような尾行・張り込みはなしとのことです。

評価

Akai探偵事務所の調査料金・費用の総合評価は以下となります。

料金プラン 星4
価格 星1
わかりやすさ 星1
アフターサービス 星4

3種類のプランに加えて「浮気調査1日無料キャンペーン」もありAkai探偵事務所の料金プランは豊富と言えます。

ただ、完全成功報酬プランや1時間料金の安さなど一見良さそうですが、時間単価プランにおいてもどの程度の額になるのかが全くわからない点が不安要素です。

「4,400円~」「4,800円~」という金額は全国相場的にもかなり安いほうなので、逆にどんな条件で高くなるのか(4,800円以上になるのか)が気になります。※むしろ長期間契約した場合の割引などで最も安くなる金額を表示(この場合4,400円)しているケースが考えられます。

同社が取得した証拠が裁判で否定された場合は全額返金保証ありとのことなので、弁護士やカウンセラー紹介等も合わせてアフターサービスは充実していると言えるでしょう。

Akai探偵事務所の口コミや評判は?

(2021年7月28日現在)

高評価

お試しで浮気調査ができるとのことだったので、まずは、お試しコースでお願いして、ちゃんと撮れると確信したので、本調査も依頼しました。

妻の浮気調査を依頼しました、
やはりという結果で、報告書も、想像していた以上に生々しかったのですが、証拠としては十分なものだと思います。

お試しコースを利用したり浮気調査の報告書もちゃんと作成されていたとのことでAkai探偵事務所の調査を評価する声が聞かれます。

いつも丁寧な対応で、心強かったです。
気持ちが沈んでいた時も、「最後までサポートするので一緒に頑張りましょう」と励まされて救われました

Akai探偵事務所は丁寧な対応だったようでサポートにも励まされたとのことです。

低評価

ここの興信所は行ってみたら誰もいなく、せっかくいったのにアパートのような所でした。はっきりいってほかの所がいいと思います。

探偵事務所の支部は単に「安く借りられる場所」というだけでちゃんとした営業所にはなっていないことも実は多いです。

なのでアパートのような場所のケースもあるでしょう。Akai探偵事務所の本社は大阪ですので東京での拠点はあまり家賃の高いところは用意していないのかもしれません。

Akai探偵事務所 の総合評価

Akai探偵事務所は自社の調査力にはかなり自信があるらしく「不貞の証拠が取れなければ0円(成功報酬プラン)」「不貞の証拠が裁判で否定された場合は全額返金保証あり」 としています。

そもそも不貞の証拠にできない報告書を提出して裁判で勝負するというのも考えにくいので上手い言い回しとも言えますが、同社にしてみれば確実な証拠が取れるまで調査しましょうという意味があるのかもしれません。

同社の成功報酬制は50万円からとなっていますので、証拠を取るつもりなら50万円は確実に用意しておく必要があるでしょう。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました